Take it easy

サッカーブログです。

2024年 J1 第5節 東京ヴェルディ VS 京都サンガ ~答えはピッチに落ちている~

ひとりごと

・連戦なので、ひとりごとモードは継続である。

・散々言われていますが、前半45分これほど良い内容はこれまで無かったですね。ヴェルディは京都にとってはやりやすい相手ではありましたけど、これほどハマるとは思いませんでした。

・ヴェルディのビルドアップに対する京都のプレッシングが試合の流れを引き寄せました。ヴェルディはキーパーを使ってビルドアップをしてくるチームなのですが、GKを使っても京都のハイプレスをかわせず、ボールを前進させるだけでも四苦八苦。面白いように京都のハイプレスがハマります。

・ここまでハマった理由としては、GKまでプレスに来る相手をかわす常套手段として、GKからプレスにくる相手の頭を越してSBに届けるというものがあります。これがヴェルディは上手くできませでしたね。サイドを使って迂回することができず、中央は京都のプレス隊が待ち構える。ロングボールを収めるのには染野ではちょっときびしい。そんな訳で、京都がやりたいサッカーを実現できる状況がそろっていました。

・一方で、京都のボール保持とヴェルディの守備ではどうか。ここでは原大智の存在が光ります。単純にボールを当てるだけでも、デカさと上手さで攻撃が成立してしまいます。なんとか抑えようと、中央に集まる京都に対抗して、ヴェルディ側も中央に集まるけれども、それでもボールを奪えない。中央に守備が集まる分サイドが空いて、京都サイドバックが気持ちよくスペースを使い、簡単に押し込まれてしまうと。

・本当に完璧な前半でしたね。2点ともに素晴らしいゴール。昇格クラグに対するJ1の洗礼を京都が味合わせる時が来たのかと、ジーンと来てしまいました。(ここまでは)

 

・問題の後半ですね。それでも京都ペースは続いているんですが、57分あたりですね。中盤のラインを突破されライン間で前を向かれたあたりから怪しくなってきます。

・負傷により豊川が宮吉と交代。そこで切り札とも言える山見が入ったところがこの試合の分岐点でした。豊川の負傷を見てからなのか、時間帯なのかはわかりませんが、交代のタイミングとしては抜群でしたね。ここからヴェルディ左サイドからの猛攻が始まります。

・宮吉がというよりは、豊川が献身的に右サイドの蓋をする事で、守備は成立していたところはあります。守備での貢献は非常に大きく、その意味でも豊川の離脱は痛かった。

・それと同時にチーム全体でも、ちょっとペースを落とそうかなという雰囲気が見えたていました。戦略ミスと言えるかもしれません。積極的なプレスではなく、センターラインを超えたあたりから守備を開始するミドルプレスに切り替えます。

・前半は内容で圧倒していてスコアも2-0。3連戦の1試合目ということも考えて、ペースダウンしても十分逃げ切れるとそう計算するのも違和感は特に無いかなと思います。

・誤算だったのは、全体的な運動量の低下でしょう。川崎がDFラインに入った54ブロック、システムそのままの45ブロック。使い分ける事になるんですが非常に不安定な守備ラインでした。足が止まり、十分に横の感覚を保つ事ができません。加えて、スペースを埋めるのに徹するのか、少しでも前に出てプレスを掛けるのか。選手たちの意思統一も怪しかった様に見えました。

・ただ、引いて守る事がそもそも京都は苦手にしている事は確かなんですね。川崎戦では上手く守備ラインを組んでからカウンターという流れが上手く言ってたのですが、その規律を保つ事が出来ないのが、このチームの悪癖と言えます。良い形を続けられない、これは試合内容が安定しない原因なのでしょう。

・それと途中で入ってきた選手達が軒並み低調だったことですね。スタメンでずっと出ていた選手達、川崎戦と横浜戦が思った以上にきつかったのは理解できるのですが、あまり試合に出ていない選手達が揃って、動きが悪かったのは気になる所です。選手交代が遅かったのも、ベンチにいる選手の状態に自信が無かったのかもしれません。

・最後の最後、空中戦で一人の相手に二人競りかかってしまった、それが同点に追いつかれる大きなミスだったのは疑いの無いところです。では、なぜその様なミスが起きてしまったのか。

・京都の選手達の癖として、常に一対一で守備をしてしまいます。二人で相手を囲んでも、一対一が2つあるだけです。そのためチャレンジ&カバーという守備の基本をおろそかにしてしまう。一対一を強調することで、守備の強度を担保しているところはあるのですが・・・

 

・最後にちょっとした選手短評

・CBとして入った宮本。染野相手でもそこそこやれていたところは嬉しい誤算でしょうか。もっとフィジカルの強い相手だとちょっと心配ですが。マークのつき方やインターセプトの狙いなどを見ても、CBとして使われたのも頷けます。

・あとから知ったのですが、元々は宮本はボランチの選手だったということですね。どおりで中央でのプレーを苦にせず、鋭い縦パスを出せるはずです。3バックの右とか、3センターのアンカーとか、サイドバック以外のポジションもアリな気もします。